Journal's Eye キーワードは“癒し”と“ゆとり”
函館に「LC五稜郭ホテル」がオープン!

2022年05月号

オープンした「LC 五稜郭ホテル」。右隣は近く取得予定の「オールドスタイルホテル函館五稜郭」

本格フィンランドサウナを完備


 札幌や函館、旭川で貸しビル事業を展開しているリンクル(本社札幌)を筆頭に関連会社で構成するLCグループ(中村起昌代表)が運営する「LC五稜郭ホテル」(函館市本町)が4月3日、グランドオープンを迎えた。
 春は桜で有名な五稜郭公園に近く、ビジネスや観光に最適なLC五稜郭ホテルは、共立メンテナンス(本社東京)が展開していた「ドーミーインエクスプレス函館五稜郭」跡をリノベーションして開業。土地建物は元々LCグループが所有、共立メンテナンスに一棟貸ししていたが、閉館を機にLCグループがホテル運営に取り組むことにした。建物は地下1階、地上7階建て、延べ床面積は約1335坪。1階には、高級食パン専門店「ベーカリーワンカラット函館五稜郭店」と南北海道地産物流協同組合(本部・茅部郡森町)が運営する、南北海道の食材を揃えた土産店「みなほっの杜」のほか「ワンカラット」の食パンを楽しめる朝食会場も設けた。
 今回のリノベーションの大きな特徴は、2階に収容人員30人のサウナ室(男女別)を導入したこと。サウナストーンにアロマ水をかけて熱い蒸気を発生させ、室内温度を一気に上げて発汗を促すオートロウリュの本格的なフィンランド式サウナとなっており、貸し切りサウナ室(定員3人)も1室用意。ビーズクッションでリラックスできる休憩室、ソフトドリンクやビール以外のアルコール類が無料のラウンジも完備しており、サウナ好きにはなんともたまらない仕様となっている。

北斗市LED化疑惑
大阪の照明業者と1億円随意契約

地元法曹達の挑戦
弁護士会が取調べ同席推進運動

告発から丸2年
道立看護・待たれる真の救済

恵庭発 賃貸住宅の擁壁倒壊をめぐる損賠訴訟の顛末

2階にあるフィンランド式サウナ(写真は女性用)

サウナでは水風呂も完備(同)

宿泊者限定のラウンジではソフトドリンクやアルコール類が飲み放題

ペットと一緒に泊まれる部屋も準備した

1階にある高級食パン専門店「ベーカリーワンカラット函館五稜郭店

自動精算機により非対面でチェックイン・チェックアウトができる(2階フロント)

2階にあるフィンランド式サウナ(写真は女性用)

サウナでは水風呂も完備(同)

宿泊者限定のラウンジではソフトドリンクやアルコール類が飲み放題

ペットと一緒に泊まれる部屋も準備した

1階にある高級食パン専門店「ベーカリーワンカラット函館五稜郭店

自動精算機により非対面でチェックイン・チェックアウトができる(2階フロント)

北斗市LED化疑惑
大阪の照明業者と1億円随意契約

地元法曹達の挑戦
弁護士会が取調べ同席推進運動

告発から丸2年
道立看護・待たれる真の救済

恵庭発 賃貸住宅の擁壁倒壊をめぐる損賠訴訟の顛末

目次へ

© 2018 Re Studio All rights reserved.