NEWS LINER
「HOKUO」3月にアピア店が閉店 バブル期席巻したベーカリーの終焉

2022年05月号

3月22 日で営業を終えた「HOKUO アピア店」

■バブルに呑まれたまま散った手負いのブランドの43年


 札幌発祥の焼きたてパンブランド「HOKUO」(北欧)。バブル期に急成長し、業務提携によって関東でも親しまれてきたブランドが姿を消した。全国で最後まで残っていた「HOKUOアピア店」(札幌市中央区、アピア内)が3月22日に営業を終了したからだ。札幌市民にはどこか懐かしさのあるパンとして、バブル期のほろ苦い思い出とともに心に刻まれた味だった。創業から43年、その歴史は終了するが、最後の店舗を運営してきた北欧STプラン(本社・札幌市西区)の斎藤豪社長は、「新しい『HOKUO』として生まれ変わり、パンづくりで地域貢献したい」と復活を期す考えだ。






北斗市LED化疑惑
大阪の照明業者と1億円随意契約

地元法曹達の挑戦
弁護士会が取調べ同席推進運動

告発から丸2年
道立看護・待たれる真の救済

恵庭発 賃貸住宅の擁壁倒壊をめぐる損賠訴訟の顛末

;

北斗市LED化疑惑
大阪の照明業者と1億円随意契約

地元法曹達の挑戦
弁護士会が取調べ同席推進運動

告発から丸2年
道立看護・待たれる真の救済

恵庭発 賃貸住宅の擁壁倒壊をめぐる損賠訴訟の顛末

目次へ

© 2018 Re Studio All rights reserved.