NEWS LINER
コープ共済から詐欺で告訴された釧路の柔道整復師が破産手続きへ

2022年04月号

釧路地裁から破産決定を受けた天野賢二氏
(写真は本人のfacebook から)

■「計画倒産」で損保会社への被害弁済を回避?


「債務者 天野賢二 決定年月日時 令和4年2月1日午後5時 主文 債務者について破産手続きを開始する」
 右記の内容が掲載されたのは2月10日付の官報(第673号)。3月号に掲載した記事の主人公、日本コープ共済生活協同組合連合会(本部東京・コープ共済連)が詐欺容疑で釧路署に刑事告訴していた柔道整復師・天野賢二氏(54)が支払い不能となったとして釧路地方裁判所が本人の破産手続きを始めたという内容だ。
 2017年から釧路市内で「あまの整骨院」を営んでいた天野氏が患者の施術録を書き換え、損保会社などから共済金や保険金を騙し取っていたとされる今回の問題。最も被害額が大きいと目されているコープ共済連が21年8月の告訴に伴い届け出た被害額は165万円。















北斗市LED化疑惑
大阪の照明業者と1億円随意契約

地元法曹達の挑戦
弁護士会が取調べ同席推進運動

告発から丸2年
道立看護・待たれる真の救済

恵庭発 賃貸住宅の擁壁倒壊をめぐる損賠訴訟の顛末

;

北斗市LED化疑惑
大阪の照明業者と1億円随意契約

地元法曹達の挑戦
弁護士会が取調べ同席推進運動

告発から丸2年
道立看護・待たれる真の救済

恵庭発 賃貸住宅の擁壁倒壊をめぐる損賠訴訟の顛末

目次へ

© 2018 Re Studio All rights reserved.