院長に就任した大川洋平医師に訊く
札幌ハートセンター初の分院「新札幌心臓血管クリニック」

2022年09月号

心臓血管外科医として豊富な実績を持つ大川院長

(おおかわ・ようへい)1962年釧路市出身。旭川医大卒業後に札幌医大第2外科入局。市立札幌病院、心臓血管センター北海道大野病院、恵み野病院、北海道大野記念病院、亀田病院などを経て2022年7月から新札幌心臓血管クリニック院長。北海道大野記念病院前院長。日本外科学会専門医、専門医認定機構認定心臓血管外科専門医。59歳

Medical Report

全国屈指の循環器専門病院、札幌心臓血管クリニック(東区・104床)のサテライト診療所「新札幌心臓血管クリニック」が7月1日、JR新さっぽろ駅近くにオープンした。全道に専門医を派遣しサテライト外来を開いてきた医療法人札幌ハートセンター(藤田勉理事長)が自前の分院を初開設。開院に当たって北海道大野記念病院の前院長で循環器分野の名医として知られる大川洋平医師をトップに迎え、本院と遜色ない検査体制を整えた。「札幌ハートセンターとして厚別区や北広島方面の医療ニーズに応えていきたい」と意気込む大川院長に今後の抱負を訊いた。
(7月27日取材)

北斗市LED化疑惑
大阪の照明業者と1億円随意契約

地元法曹達の挑戦
弁護士会が取調べ同席推進運動

告発から丸2年
道立看護・待たれる真の救済

恵庭発 賃貸住宅の擁壁倒壊をめぐる損賠訴訟の顛末

本院と遜色ない医療を提供


 新札幌心臓血管クリニックは厚別区のJR新さっぽろ駅近くに誕生した医療モール「Dスクエア新さっぽろ」3階にオープン。札幌ハートセンターとして初のサテライト診療所開設について藤田理事長は、「今回の再開発では私たちが入居している医療モール以外に3つの専門病院が移転集約されますが、その中に循環器分野の病院がないことからオファーが入った流れ。厚別、北広島地区は東区の本院から遠く、医療ニーズがあると判断しました」と説明する。
 院長を任された大川洋平医師は「分院の開設はこの地域の皆さんにより良い医療を提供するのが目的。これにより本院の混雑も緩和もできるのでは」と期待を込める。オープン後は、早くも患者から「近くに開院してもらい助かった」などと喜びの声が寄せられているという。
 特筆すべきは本院と同レベルの検査体制を整備したこと。ここでは狭心症などの心臓疾患を正確に3D画像で撮影できる256列マルチスライスCTをはじめ超音波診断装置など高レベルの診断装置が導入され、循環器疾患の早期発見が可能となっている。
 外来診療は月曜日から金曜日まで大川院長が行ない、土曜日は休診。日曜日の午前は藤田理事長自らが患者を診る体制。診断で入院治療が必要と判断された場合は、速やかに本院で治療を行なう。移動手段がない患者については無料の送迎を利用することもできる。
「治療における地域差というデメリットをなくしたい。本院に送り治療を受けてもらった予後については当院でフォローしていきますので、この地区でも札幌ハートセンターとしての標準的な医療サービスを享受できます」と、大川院長。
 循環器分野のトップランナーのひとりとして知られる大川院長は釧路市出身。釧路湖陵高校から旭川医科大学に進み卒業後は心臓血管外科の治療を学ぶため札幌医科大学第2外科に入局。以後、市立札幌病院、心臓血管センター北海道大野病院、恵み野記念病院、北海道大野記念病院などを経て、さる7月1日付けで新札幌心臓血管クリニックの院長に就任した。
 子供の頃に読んだ手塚治虫の人気マンガ『ブラック・ジャック』の天才外科医に憧れ医師を目指した。「子供の頃は病弱で医師の世話になっていたので、恩返しをしたいとの気持ちもどこかにあった。病気で苦しんでいる人を助けるための技術と知識がほしかった」と振り返る。
 命を支える根源的な働きをしている心臓の治療に魅力を感じ心臓血管外科の道に進んだ。小切開低侵襲心臓手術(MICS)、冠動脈バイパス手術、弁膜症や大動脈瘤の治療はもとより、最近はロボット支援によるダ・ヴィンチの手術も手掛け、「成人の心臓疾患の治療はほとんどやってきた」というエキスパートだ。
 その高い技量と豊富な経験を見込まれ今回の院長就任に至った大川院長は、藤田理事長について「バイタリティーがあり、患者にとって最善の医療は何かを真摯に考え、満足度を上げる医療を提供している」と高く評価する。
 札幌ハートセンターは、今回と同様に患者の便宜を図るため2024年に豊平区役所近くの環状通沿いに同様のサテライト診療所を開設する予定だ。本院へのアクセスが難しい患者のためにサテライト診療所を増やし、広いネットワークを構築していく方針で、今回の分院開設はその一歩という位置づけだ。
 大川院長は今後の目標を次のように語る。
「循環器専門の診療所としてひとりでも多くの患者に最新の診断と治療を提供していきたい。当院は予約や紹介状がなくても受診できるので、胸が苦しい、息切れ、動悸、浮腫などの自覚症状がある方はぜひ来ていただきたい」
 高い技術と経験を持つ医師が連携しながら提供される札幌ハートセンターの医療。始動した新札幌心臓血管クリニックの今後に注目していきたい。

導入された256列マルチスライスCT

導入された256列マルチスライスCT




新札幌心臓血管クリニック
札幌市厚別区厚別中央1条6丁目2-1
Dスクエア新さっぽろ3階
TEL:011-398-3361
HP:https://scvc.jp/

北斗市LED化疑惑
大阪の照明業者と1億円随意契約

地元法曹達の挑戦
弁護士会が取調べ同席推進運動

告発から丸2年
道立看護・待たれる真の救済

恵庭発 賃貸住宅の擁壁倒壊をめぐる損賠訴訟の顛末

目次へ

© 2018 Re Studio All rights reserved.