現場にエゾシカの頭部や肉が散乱
中川町の加工事業、最悪の結末か

2020年5月号

解体加工場周辺に散らばるエゾシカの頭部(4月4日撮影)

NEWS LINER
 

雪解けで露呈した「イノチヲツナグ」杜撰処理の実態

 
 雪解けの敷地内に散乱する角がついたままのエゾシカの頭部、強烈な異臭を放つ血液と肉片が詰まったポリボックス、建物裏の雑木林の地面から突き出す白骨化した角──。異様な光景が道北・中川町(石垣寿聰町長)のエゾシカ解体加工場周辺に広がっていた。
 本誌が報じてきた同町の“エゾシカ疑惑”は、どうやら最悪の結末を迎えようとしているようだ。
 4月4日早朝、地元住民から記者に寄せられた情報は耳を疑うものだった。
「大変なことになっています。加工場の周辺にエゾシカの頭が散乱し、裏の雑木林では角が地面から突き出しています」
 電話口の声は裏返っていた。早速、札幌から車を飛ばし現地に到着すると、周辺には鼻をつく異臭が漂っていた。
 

建物裏の雑木林では地面から多くの角が突き出していた(同)

建物裏の雑木林では地面から多くの角が突き出していた(同)

旭川発-理事入替、裏金事件関与の評議員も退任。社福かがやき

どうなる道新。記者逮捕で初の全社説明会でも止まない不信

江差看護、後期の一部が開講。パワハラ問題で議会追求続く

地域がん診療連携拠点病院の恵佑会札幌病院が新築移転

旭川発-理事入替、裏金事件関与の評議員も退任。社福かがやき

どうなる道新。記者逮捕で初の全社説明会でも止まない不信

江差看護、後期の一部が開講。パワハラ問題で議会追求続く

地域がん診療連携拠点病院の恵佑会札幌病院が新築移転

目次へ

© 2018 Re Studio All rights reserved.