「森のソラニワ」がグランドオープン           
ファミリー・カップル・女子会 コンセプトごと客室フロア一新

2018年6月号

「きたゆざわ 森のソラニワ」の外観

Topics

 ジップラインやフィールドアスレチックなどを楽しめる野外アドベンチャーパークや、「トム・ソーヤーの冒険」の世界観をイメージしたレストランなどを整備し、昨年4月28日にプレオープンした野口観光グループ(野口秀夫社長)の「きたゆざわ 森のソラニワ」。以後の宿泊者数は約5万6000人を数えるが、このほど全客室のリニューアルが完了。さる4月28日、晴れてグランドオープンの日を迎えた。
 一新した客室は、ファミリーやカップル、女子会のような女性同士の利用など多様なニーズに応じて、エントランスも含めてコンセプトを統一するというこだわりよう。オープンに先立つ4月27日の得意先やメディア関係者を招いた試泊会では、コンセプトごとの内覧ルームも用意され、訪れた試泊客から「まるで高級マンションがそのままホテルになったようだ」との声も聞かれた。
 このほか、最上階に設けた空中庭園「流星ラウンジ」も公開され、眼前に広がる北湯沢の大自然や、ガラス越しから眺める「流星ドーム」からの空の景色などが訪れた人たちの感動を呼んでいた。

「流星ラウンジ」から望む四季折々の景観は格別

「流星ドーム」から眺める北湯沢の空

「流星ドーム」から眺める北湯沢の空

「深夜勤務に架空手当」告発

差別と腐敗を拡大する「アイヌ新法」

被害を回復し、尊厳を守る血の通った支援条例制定を

札幌東徳洲会病院が最新治療「マイトラクリップ」

子供用ボルダリングなども楽しめるキッズスペシャルルームとファミリーフロアエントランス

女子会に最適なレディーストリプルルーム

レディースフロアエントランス

子供用ボルダリングなども楽しめるキッズスペシャルルームとファミリーフロアエントランス

女子会に最適なレディーストリプルルーム

レディースフロアエントランス

「流星ラウンジ」から望む四季折々の景観は格別

「流星ドーム」から眺める北湯沢の空

「流星ドーム」から眺める北湯沢の空

「深夜勤務に架空手当」告発

差別と腐敗を拡大する「アイヌ新法」

被害を回復し、尊厳を守る血の通った支援条例制定を

札幌東徳洲会病院が最新治療「マイトラクリップ」

目次へ

© 2018 Re Studio All rights reserved.