外来と訪問で地域の健康作りに寄与する「LALA KURU 治療院」
鍼灸を中心に疼痛軽減やリハビリに対応

2018年12月号

来札して施術を受けた井手らっきょさん(左)と吉田院長(10月27日、LALA KURU 治療院で)

Medical Report

鍼灸は古くから行なわれてきた東洋医学のひとつだが、近年はさまざまな痛みの軽減や免疫力アップにも有効とされ、嚥下障害や認知症予防にも効果があることが分かってきた。今年の夏、札幌市中央区宮の森に開院した「LALA KURU(ララクル)治療院」(吉田影虎院長)は、そんな鍼灸治療を中心に外来と訪問診療の両方を行ない、地域の健康づくりに一役買っている。吉田院長の患者のひとりで、取材時に来院していたお笑い芸人、井手らっきょさんを交えて同院の取り組みを訊いた。(10月27日取材)

(よしだ・かげとら)1993 年札幌市出身。北海道スポーツ専門学校、北海道鍼灸専門学校で6年間学び、鍼灸師の資格を取得。今年「LALA KURU 治療院」院長に就任。全日本鍼灸学会会員、日本疼痛学会会員
 

 この夏、中央区宮の森地区の閑静
な住宅街の一角に(株)LALA KURU(土生志織代表)が運営する「LALA KURU治療院」が開院した。鍼灸・運動機能療法を基本に患者1人ひとりの症状に合わせたオーダーメイドの施術・治療を行なっているのが特徴だ。
 東洋医学では、体をめぐる「気・血・水」のバランスが崩れた時に病気になると考えられている。鍼灸治療では、これらの通り道である経絡(ツボ)に鍼や灸を施し、流れをスムースにすることが基本となる。「例えば肩こりといっても、原因はさまざまです。当院では明確な診断の上で施術、治療を行ない、ゴルフ肘やテニス肘などスポーツの疲労や痛みの除去にも取り組んでいます」(吉田院長)
 ここでは各種疼痛の緩和をはじめ脳梗塞のリハビリにも力を入れている。脳梗塞の後遺症に対する鍼灸の効果については、WHO(世界保健機構)も認めているところだ。
 歯科医師らと連携しながら摂食、嚥下機能の低下防止と機能回復にも取り組んでいるのも特徴だ。
「脳梗塞の患者の約3割に摂食、嚥下障害があるとされ、悪化すると胃瘻が必要になってきます。鍼灸治療はこうした機能回復にも効果が期待できます。東洋医学は治癒力、免疫力の向上を目的としているので、時間はかかりますが強い体に戻すメリットがあります」(吉田院長)
 今後、運営会社ではこの治療院をベースに健康事業を展開して地域に貢献していく考えだ。
 折しも取材当日は、たけし軍団の一員でお笑い芸人の井手らっきょさん(58)が治療のため来院中。施術を受けた後で「笑いと東洋医学」をテーマに吉田院長と語り合ってもらった。

 ──らっきょさんは現在、故郷である熊本に拠点を置いて活動されているそうですね。

 井手 地元テレビ局で4本のレギュラー番組を持っているほか、カラオケスナック「らっきょの小部屋」も経営してます。もちろんお店のコンセプトは「お客さんに笑ってもらう」こと。接客は女の子ではなく僕が担当し、十八番の裸芸を披露して喜んでもらってます。北海道は9月の地震で大きな被害を受けましたが、熊本も2年前の震災から復興途上です。そんな中で、お客さんに笑顔が戻り元気になってもらえたら。

 吉田 笑いが健康の元というのは東洋医学の考えそのもの。笑うことで、ナチュラルキラー細胞が活性化され、がん細胞やウィルスを退治してくれます。脳の活性化、血行促進、お腹や喉の筋力向上にも効果があります。
 私たちは薬を使わずに、人間本来の免疫力や回復力の向上をはかり、西洋医学の効果がスムーズになる体づくりをしています。免疫力をアップさせるという意味では、らっきょさんの活動と大いに通じるところがあると思います。
 

紋別漁協検証─市議選で公選法違反の疑いをかけられた飯田弘明組合長

道警不祥事を考える〈29〉 連続わいせつ巡査部長に猶予判決

札幌の大規模更地を探す

札幌ハートセンターが医療セミナーを厚別区で初開催

「患者さんの幸せに貢献する」がモットーの吉田院長

「患者さんの幸せに貢献する」がモットーの吉田院長


 ──かつて100mを10秒台で走ったほど俊足のらっきょさんですが、健康で気をつけている点は。

 井手 最近は特に何もしていないので、そろそろトレーニングジムに通いたいですね。もう一度、筋肉をつくり直して走りたい。

 吉田 熊本からの長いフライトだったこともあり、今回は腰や肩を中心に施術させてもらいました。アスリート顔負けだけあって、無駄な肉がなく足の筋肉もとてもきれいでした。お酒は飲まないということで日頃の自己管理も良く、健康年齢は40代と言っていいと思います。若い頃に筋肉の貯金をされてきたので、鍛えればまた十分走れますよ。

 ──ところで治療院ではどのような取り組みを。

 吉田 どうしても歩く時間が少なくなりがちな高齢の方は、足腰の血流障害が起きるほか、首や肩の痛みを訴えることが多くなります。
 当院では患者さんの状態に合わせ外来のほか訪問でも診療を行なっており、さまざまな方法で痛みの軽減をはじめ健康回復のお手伝いをさせていただいています。ぜひ身近な存在として利用していただければ。

 ──らっきょさんと吉田院長、本日はありがとうございました。



LALA KURU 治療院
札幌市中央区宮の森4条7丁目3の1
TEL:011-631-7790

紋別漁協検証─市議選で公選法違反の疑いをかけられた飯田弘明組合長

道警不祥事を考える〈29〉 連続わいせつ巡査部長に猶予判決

札幌の大規模更地を探す

札幌ハートセンターが医療セミナーを厚別区で初開催

目次へ

© 2018 Re Studio All rights reserved.